博物館 明治村の12号
愛知県犬山市にある博物館「明治村」には、日本の鉄道創業時にイギリスから輸入された蒸機が保存運転されている。2007年11月10日に訪ねてみた。

園内で蒸機が運転されている線路は800m足らずだが、両端の駅にはターンテーブルが設置されていて、列車を牽く時には機関車は必ず前向きで走る。
ここにはイギリス製とアメリカ製の2輌の蒸機が保存されているが、この日は1874年にイギリスのシャープ・スチュワート社で製造された12号機関車が運転されていた。

もう1輌の蒸機は1912年にアメリカのボールドウィン社で製造された9号で、この日は庫の奥で休んでいた。
 
     
 
両端の駅名は「東京駅」と「名古屋駅」
名古屋駅で発車準備をする12号 
週末には20分毎に列車が発車する。片道の所要時間は4分程度だから、同じ機関車と客車が往復運転している。
名古屋駅の時刻表 
  東京駅に到着した12号が、方向転換のためターンテーブルに向かう。昼頃には奥でサイドタンクに水を補給していた。
このターンテーブルは、尾西鉄道弥富駅構内から直径を短く改造して移設されたものであるが、現存する日本最古のものと言われている。
 
     
 
機関車の各部に見られる滑らかな曲線が、イギリスの蒸機に共通した優美な雰囲気を醸し出している。   石炭を積むスペースは僅かしかない。車齢130年を超す機関車を、こうして維持整備していることに敬服するのみ。
 
     
両端の駅を除くと、撮影場所はごく限られている。   牽引している客車も明治40年代の製造で一級品の技術遺産。
 
老朽化した車両の点検整備のため、2010年12月から運転を休止していたが、2012年11月8日から12号機による運転が再開した。毎日10時から15時半頃までに10往復運転されるが、整備のために約2週間毎に1〜2日間運転されない日が設定された。
9号機の復活については計画が公表されていない。
 
保存・展示される日本の車輌のメニューに戻る