ヨルダン ヒジャーズ鉄道 23号機カタラナ行き
イギリスの鉄道ファンのツアーが23号機が牽く列車をチャーターして、アンマンから南へ約100kmのカタラナまで走った。
朝7時過ぎ、アンマン駅構内で蒸気の圧力を上げた85号機は、庫の前からゆっくり動きだし給水ポートへ横づけした。
(撮影は全て2010年9月)

アンマン駅を9時に発車した列車は石造の十連橋にさしかかるとツアー客向けにフォトランバイをした。橋を通り過ぎて停止した列車から降りた乗客がカメラを構える前を、橋の手前までバックした列車が汽笛を鳴らしながら通過して行く。機関士はサービスのつもりか汽笛を鳴らし続けていた。

ジーザの駅ではアンマン寄りの給水ポートで23号機が水を補給するため、駅構内の手前側で列車が停車していた。駅構内を通過する形でカタラナへ向けて発車して行く。
ジーザ以南では殆んど砂漠の中を線路が続いているため、車で近づけるのは踏切で道路と交差している付近に限定される。撮影できる場所を見つけて待っていると、真っ黒な煙を吹き上げて23号機が駆け抜けて行った。
踏切を横切るシーンを狙って待っていると、列車は停車しバックして踏切の手前に戻って止まった。列車から降りて何かを待っている乗客に聞くと、蒸機の水が不足したため給水タンクローリーの救援を待っていると言う。やがて到着したタンクローリーからの給水が終わると、カタラナに向けて発車して行った。
カタラナ駅にはデルタ線があって機関車の方向を転換できる。列車から離れてバックでデルタ線に入って来た23号機は、車止めの近くで止まり、切り換えられたポイントを渡ってアンマンの方に向かう線路を進んで行った。
アンマンの方向に向きを変えた23号機はバックして客車に連結し、アンマンに向かう回送列車となった。ツアー客はこの駅でバスに乗り換えペトラ遺跡の観光に向かった。
当サイトの関連ページ  保存鉄道>ヒジャーズ鉄道(英国ツアー/カタラナ行き)