ヨルダン ヒジャーズ鉄道休日列車

アンマンから南へ向かう列車は、起伏の多い地形を等高線に沿って走って行くが、10連アーチ石造りの橋で道路を越える箇所がある。通称「Ten Bridge」と呼ばれる橋をジーザ駅行きの列車が通過する。
(撮影2009年10月)

ジーザ駅構内で昼食をとったり子供を遊ばせてくつろいだ家族連れを乗せて、午後の列車がアンマンに向かって「Ten Bridge」を通過する。牽引するのはGE製のディーゼル機関車重連。
(撮影2009年11月)
アンマン駅を出てオメガ形のカーブを回った線路は、丘の中腹に沿って街を見下ろしながら南に向かう。この日は黄色の機関車重連だった。(撮影2010年5月)
アンマンは固い岩盤の上に出来た街で、随所に岩を垂直に切取ったままの場所がある。ヒジャーズ鉄道の線路際にも切立った崖になっている場所がある。この日は編成が短いため機関車は1輌で牽引していた。(撮影2010年5月)
アンマン郊外に出た列車が、緩やかなS字形カーブをまわって来た。のんびりと草を食べていたラクダが、通過する列車の方を見ていた。(撮影2010年5月)
アンマンに戻る午後の列車が乾いた風景の中を通過していく。この日はジーザ駅の水槽に水を補給するためタンク車を連結していた。
(撮影2010年8月) 
アンマンに向かう列車が十連橋を通過していく。石造アーチ橋は20世紀初頭オスマン帝国時代に建造されたもの。下り勾配と急カーブが続くため、列車は最徐行で走り続けていく。
(撮影2010年8月) 
当サイトの関連ページ  蒸機以外>ヒジャーズ鉄道休日列車