ドイツ オシャッツの重連運転(撮影1991年4月30日)

ザクセン州のオシャッツは、メイヤー式の蒸機が現役で活躍する最後の牙城だった。
東西ドイツが統一してからまだ半年余りの1991年4月に訪ねた時、貨物列車だけを運行するこの支線では、平日だけ4往復の列車が運転されていた。
午後4時前にオシャッツ駅に到着した列車が駅の手前で一旦停止すると、もう1輌のメイヤーを先頭に連結し重連で構内へ引き込んだ。

16時16分オシャッツ発のミューゲルン行きは重連運転だった。本線との接続駅オシャッツを出た列車は、本線規格の大きな貨車をナローゲージのフラット台車の上に載せて牽引している。小さな機関車が大きな貨車を牽く姿は独特の雰囲気だった。
田園風景の中を走り抜けた列車は、レンガ造の機関庫のあるミューゲルン駅に到着した。
ミューゲルン駅に機関区があり、給水、給炭、点検整備を行なう。ベルトコンベアで石炭を積み込む風景は、ドイツのナローゲージ鉄道でよく見かけた。
動輪2軸を2組、逆の方向に駆動するメイヤー式独特の構造がサイドビューでよく分かる。この日の仕事を終えた機関車は、注油し灰を捨てた後、庫の中に入って行った。
当サイトの関連ページ  現役の機関車が走る外国の風景>オシャッツ〜ミューゲルン